切手の緑を身体いっぱいに浴びて・・・“心”をリフレッシュ!
昨今、環境保全の意識が高まっています。また、と調和した街づくりも関心を集めています。
本展は、この社会的な意識のもとに、自然を愛する心を育み、森の恵みを再認識しようというものです。私たちの暮らしや心に潤いを与えてくれる植物の。これらの切手を中心に、色の動物や宝石などの切手も交えた、「の切手」が勢ぞろい。展示室は、さながら“”の空間です。
「森林」はもちろん、「巨木」「盆栽」「庭園」「野菜の緑」「サボテン」など、多様なテーマで構成しています。郵便や切手ならではの色の秘密を紹介したコーナーもあります。

の切手」があなたのココロを癒やします。
※展示切手・・・約100ヵ国(地域を含む)、800点余り

【竜切手500文リコンストラクション特別展示】
5月18日(木)~21日(日)※終了しました。

日本最初の切手4種のうちの一つ、竜切手500文は、その多くは青緑色や青色ですが、第1版の初期印刷のものは、色をしています。現存数が少ない貴重な切手です。
今回、手嶋康氏のコレクションよりこの色の未使用切手リコンストラクション(シートの復元)を4日間限定で展示します。この機会を、どうぞ、お見逃しなく!

  • 【5月18日は「国際博物館の日」で入館無料です】
  • 当館学芸員による、本展のギャラリートークを行ないます。
    午後2時30分~午後3時、1階企画展示室にて
    ※事前予約不要、直接会場にお越しください。ご参加お待ちしています。
  • 豊島郵便局臨時出張所が開設され、イラスト入り消印が使用されます。

記念小型印「国際博物館の日」日時:5月18日 午前10時30分~午後5時 場所:1階 エントランス
※昼休み 午後1時~2時
日本最初の色の切手とされる竜切手500文をモチーフにした図案です。
32mm、色は朱赤。
※消印は52円以上の切手を貼ったものに押すことができます来館者プレゼント受付にて、色のグッズを見せていただいた方に、切手の博物館オリジナルポストカードを1枚プレゼントしています。

 

☑開催概要

■展覧会名 「緑がいっぱい ~癒やしの切手たち~ 」展
■会 期 2017年4月1日(土)~6月29日(木)
■休館日  月曜日(祝日の場合も、5/1も休館です)
■開館時間 午前10時30分~午後5時
■会 場 切手の博物館1階 企画展示室
■観覧料 大人:200円、小中学生:100円、障がい者無料 *毎月23日は「ふみの日」で無料


※取材、また雑誌など掲載用に図版をご希望の際は、下記アドレスまで、
取材の趣旨、企画書等を添付の上、ご連絡ください。
info@kitte-museum.jp